Home

よるくまのお魚いるかな?

日和山灯台下の道順メモ~2017.5.20 真カレイ


※ブログ公開を忘れてましたw 時期過ぎましたが書きますw

春になり、真カレイの季節となるとどうも落ち着きません。

どこか行くところないかな~?

と、悶々としていると師匠から「それなら灯台下行かないかい?」とお誘いが。

弟子らしきmami様にも声をかけ、深夜にずるずると引き連れ現場へ。

時間が3時間ほどあるので仮眠を始めたら

mami様「眠い…起きたら後で行く…」

とお休みの様子。

ならば先に行ってるわ~!と、仮眠をまったく取れないまま釣り場へ。

 

そういえば磯に行くのは大森海岸以来、背負子を担いでテクテクと歩き出します。

ここに来るのは初めてだったので、ルートをご紹介しながら。

詳しくはクリックで拡大図をば。

車は◇点に止め、入り口はこんな感じでした。

草が多かったのですが、それでもわかりやすかったです。

入り口から少し歩いた水族館側の風景

道はとても細いです。

後から歩いている様子を見ていたmami様に言わせると、

「カモシカが崖を歩いているみたいだった」

だそうです。

足元に気を付けながら進むと、

一番足元が危うい場所です。

下から見上げると

こんな感じです。

途中の道の風景は

こういう感じで、思ったより歩きやすい…かな?

途中、少し乗り越える場所もありますが困難な場所はありませんでした。

休憩しながら進むと、今日の釣り座が見えてきます。

一枚目の写真にあった、★の位置です。

いよいよ釣り開始です!時刻は4時少し前。

投げると同時にアタリが。

すぐに真カレイを1枚あげ、師匠も次々と上げていきます。

ところが投げる技量が足りず、カレイの居つきまで届かないようで、釣れるのがアブやガヤのダブル、ソイなど根魚ばかり。

途中教えていただきながらなんとかカレイを数枚追加して終了。

から揚げで美味しくいただきました♪

 

体力的には丁度良い釣り場で、札幌からも近くて良い場所だな~って感想です。

小樽ではいつも釣果良くなかったので(;´・ω・)

 

それと、少し発見をしたのですが投げ釣りが楽しいです。

ロックだと手元~見える範囲だったのが、投げ釣りになった途端に範囲が広がりました(いや、これは当たり前なんですが)正直、今まで距離が出なかったので向いていないと思っていましたが、飛ばせるようになると一気に面白く。

退屈な眺めている釣りだと思っていましたが、これも違い忙しい事このうえない(笑)

少しの間、投げ釣りも色々と試してみようと思いました。

という事で、この釣り場に行ってから現在までもう6回ぐらい投げ釣りに行っています。延々とブリやヒラメ狙いで振り回すのも良さそうですが、こっちも楽しいですね~!

 

釣りってほんと楽しい。

 

 

あ、mami様は結局釣りが終わる直前まで寝ていましたとさw

 


ワンクリック~記事がお役に立てましたら、クリックにご協力お願いしますm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

2017.6.10 日本海でカレイ Part2 & 3


こんにちは。

最近は、同じ場所で投げ釣りを繰り返す日々です♪

今日も同じ場所で釣ってきました!

 

釣果はこちら!↓↓↓

4時間ほどで撤収です(仕事があるので)

肉厚なので、今回は刺身にしようかな~。

 

ずっとロックフィッシュで苫小牧チャレンジしていましたが、アブも飽きてきたのと釣果が落ち込んできたので、気分転換に投げ釣りに。

気が付いたんですが、いや当たり前なんですが。

届かない場所に届く楽しさ

というのに気が付きました。

 

そして、巻き上げる時の

 

 

・・・お?なんか重いぞ

 

・・・・ついてる!ついてる!

 

っていう感覚も楽しいもんですね。

そんな訳で、しばらくは投げ釣りを楽しもうかな~!

 

今年はイカはちょっと大人しめです。

勇払のマメイカも気になるから一度は行きたいけど、あんま時間ないや(;´・ω・)

 

 

慣れてきたら磯で投げ釣りをしたいですね!

(この間灯台下行ってきましたがw)

 

※Part2はボですw


ワンクリック~記事がお役に立てましたら、クリックにご協力お願いしますm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

2017.6.10 日本海でカレイとかカジカとか


苫小牧で小ソイを釣りまくり、猫を喜ばせてます。

最近、そんな釣りばかりで…ちょっと物足りない。

 

そんな最中、おたる水族館へ。

 

はじめて行ったのですが、ココ楽しい♪

なにがって?釣り堀ですよ、

 

つ・り・ぼ・り

 

たった100円で餌のある限り釣り放題

楽しいわぁ~♪ めっちゃ食いが渋いので釣り甲斐がありますよ!

 

これでカレイスイッチが入り本人自称、弟子のmami様へ連絡

投げ釣りどこかないかね?と相談していると、丁度FB友達のHさんが釣行を立てていることをキャッチ、連絡して合流する事に。

 

深夜、雨の降る中釣りを開始

うーん、天気予報曇りなのにね。

 

投げは反応なし、ロッドルアーにシマゾイが飽きない程度にボチボチと。遊んでいると、ニャンニャン(ネコ)がご飯をねだりに。

 

目の前で座ってぴくりとも動かずこっちを見ている。

 

なんだこのプレッシャーは(笑)

 

 

mami様はネコに夢中で釣っては餌をあげ、釣っては餌をあげ。

野生の動物を餌付けしていいのだろうかw

 

雨がどんどん強くなるので、いったん車に退避。

車に乗った瞬間、連続で投げに反応

 

mami様と私の方にクロが釣れました。

かなりの肉厚、煮付けですなぁ。

 

そうこうしている間に、Hさんと友人さんも合流。

どうやらHさんとmami様は同じ卒業生らしく盛り上がる。つながったようで良かったですなぁ。

 

あっという間に明るくなり、いきなり私の竿尻が跳ね上がる!

 

「うぉおお」

 

っと飛びつくと・・・

 

美味しそうなカジカでした。イソイソと袋に入れてお持ち帰り。

サイズもご立派ヾ(*´∀`*)ノ

 

 

ベイトを吐き出したのですが、

カニでした。

投げ釣りって腰を据えるので中々いけないのですが、今回は大満足の釣行でした。また近日行きたいなー!

 


ワンクリック~記事がお役に立てましたら、クリックにご協力お願いしますm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

2017.05.12 神恵内ホッケ パート2


先日のホッケ釣りの筋肉痛でぐうぐうしていたら、

ルルルルル、師匠から電話だ。

 

「あのさー!ホッケもう配ってなくなったんだけど明日どう?」

 

ふぁっ!?

 

ウチもすでに相当ばらまいて残ってないもんなぁ。

 

(ホッケ高い、みんな喜んでた)

 

体力がほとんどない、仕事も山積み・・・どうしよう。

それでもホッケ無双は楽しかった。うーん。

 

「いいっすよ、行きます!仕事?まっさかー、どうにでもなりますよ。はっはっは」

 

 

 

ふぁっ!?

 

 

気が付けば口が勝手に動いていた。怖い。

 

当日のお仕事を鬼のように片付けて少し仮眠してから出発。現地に着くと師匠もすでに到着済み、ちょっと早いので再度仮眠して3時まで休息。

 

コンコン

 

「おはよう!もう他の車がゴソゴソしてるから行こうぜ」

 

と、勢いの良い師匠に起こされ眠い目のまますごいスピードで準備。

 

ホッケと言えば戦場!釣るか釣られるか!(いや、釣られることはないか)

極上の場所も取れるか取れないか、朝の初動にかかっている!

荷物を背負っていそいそと磯に向かいます(一度これ書きたかった)

 

 

大森海岸で検索すると、入釣方法がほとんど不明です。

それもその筈。まともなルートがありません(笑)

※ここから先は問題指摘があれば削除する可能性があります。

車はオスコイ!かもえないに駐車し、歩いて大森トンネルの南側へ向かいます。以前は、トンネルを越えるルートでしたが現在は柵が大きくなり超えることはできません①に足場ができており、これをよじ登って反対側に入ることができます。(写真はGoogleの古いものです)
反対側に登ると、下をのぞき見ることができますので、②から荷物をロープで引き上げます。一人で行くと①に行ってロープを落とす、②に戻ってロープをくくる、再度①を登る、となるので大変です。できれば二人以上で行くことをオススメします。
最後、テトラルートもあります。①を通らずに、脇から歩いていくことができますがテトラが非常に大きく深さ(高さですね)も大きく積み上げられており、落ちたら生死に関わる危険性があります。よほどバランス感覚に自信があり靴もすべらない安全なものでない限りやめたほうがいいと思います

 

 

(続き)

 

 

今日はホッケも元気が良く、撒き餌をはじめると同時に釣れ始めました。

最初は浮き下1.8mから初めて、明るくなるにしたがって浮き下1m程度です。

水面は真っ黒、ホッケも元気いっぱいです。

 

7時を過ぎると人がだいぶ集まってきました。

初めて来た時と比べて景色も見慣れてきました。

 

釣果は2人で4時間、100匹を超えました。

大量\(^o^)/

型も良く、30cm~40cmが中心でした。

全部出すとシンクが一杯(;´д`)

 

 

途中、あまりにも釣れるのでそろそろ終わろうかとしたんだけど、

師匠「なに言ってんの、釣っちゃえ釣っちゃえ」

と乗せられて延々と釣ったはいいけど、帰りの坂道死にかけましたw

ホッケは重いです(;´д`)

 

 

道案内で書いたテトラがこれです。怖すぎるw

 

調理は今度まとめて記事にします。楽しかったぁ~。

 

 


ワンクリック~記事がお役に立てましたら、クリックにご協力お願いしますm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

意外と身近なアニサキスと動画


魚の食中毒で有名なのはアニサキスですが、先日タレントの品川庄司さんが8匹も食事の後で出てきてニュースになりました。

お魚いるかな的にちょっと思い出したので、記事にしておこうと思います。

 

まず、アニサキスというのは以下の魚に多く存在します。

タラ・サバ・サンマ・アジ・サーモン・ホッケ・サケ

そして、イカ(特にマイカ)です。

少し分類すると

青魚(サバ・サンマ・アジ)

北海の魚(タラ・ホッケ・サケ)

です。なぜなのかはわかりません(笑)

 

釣り人として、上記のような魚は全力で警戒します。

 

■生魚取り扱いの注意点

1)買ってきた魚でも安全でない、身をよく見る

最近はスーパーの流通経路も変わり、漁師から鮮魚コーナーに来ることもあり、チェックが完全でないことが多く、店内でもこのような張り紙をよく見かけます。短冊などでも表面にくっついている事があるのでよく見てみましょう。

2)刺身にする場合はなるべく薄く、光りを透かして見る

これ結構わかりやすいです。薄く切ることで同じくアニサキスを見つけやすくなります。

3)新鮮なうちに内蔵を取り除く

釣ってきた魚の場合にはすぐに取り除きましょう。

アニサキスは最初、内蔵にいますが寄生主が死ぬことで身の方に移動してきます。その前に取り除く事が重要です。実際、釣った魚の内蔵を見るとアニサキスは高確率で見ることができます。

 

■アニサキスが除去できない場合

以下の方法で死滅できます。

1)60度以上で数分加熱

2)マイナス20度で24時間~48時間冷凍

つまり、通常の調理方法でしたら安全に魚を食す事ができるという事です。お刺身を食べたい場合は、先に冷凍する方が安全でしょう。

注意したいのは、家庭用の冷凍庫ではマイナス20度になりません。生き残る事もありますので、24時間ではなく、48時間程度置きましょう。

都市伝説的に、ワサビとか生姜と一緒に食べると安全だといいますが、それは嘘ですから気をつけましょう(笑)

 

正確な情報は以下からご確認ください。

厚生労働省:アニサキスによる食中毒を予防しましょう

※リアルなアニサキスの写真があります

 

■アニサキスの驚異の生命力

アニサキスは恐ろしい生命力をもっています。というのを実感した事があります。

私が鮭とばを作ろうと、身を乾燥させた時の事です。一週間経ちそろそろ味見をしようと身をつまみかけた時に動く物体が。なんとアニサキスがまだ生きていたのです!おっそろしい~!この動画がそうです。

 

アニサキスの症状が出たらのたうち回る痛みらしいです。

釣り人仲間はのきなみ経験があるのですが、私はまだありません(;´д`)

 

みんなも気をつけましょう!


ワンクリック~記事がお役に立てましたら、クリックにご協力お願いしますm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Home

人気のある記事
カレンダー
« 2017 年 9月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ブログ村
カテゴリー
タグクラウド

Return to page top