Home > 釣り > 小樽

小樽 Archive

2018.8.30 イワシぴちぴちぴちぴち


こんにちは、最近Twitterを眺めていると(よかったらフォローください!)

イワシの話題がもちきりなので、いつも通り思いつきで

ここからの流れで以下を準備

・磯竿2号

・サビキ5号、6号で針数は少なめのもの

・オモリ6,8,10号

・あみピュア(撒き餌)

・一緒に混ぜる魚がやみつきになりそうな粉(撒き餌)

・撒き餌のひしゃく

・撒き餌バケツ

・三脚

・水汲みバケツ

・スピードエサつけ(三脚に固定するもの)

・投光器(LEDにしてからは発電機不要、車から給電)

・タバコ、ライター、コーラ

 

小樽の場所にもよるだろうけど浮いてるだろうし、針数少なめで絡みを少なくする作戦です。(後、手前で釣れなかったら軽く投げるつもりで)

投光器については以前発電機でしたが、LEDになってからは車からで給電できるので楽にかつ静かになりましたよ。

 

さて、情報では小樽が釣れているらしい。

 

 

 

急上昇する期待、高まる鼓動、上がる血圧(持病)

 

 

 

雨は小雨だけど、少し止みそう。

いくぞ小樽へ!

 

まずはホーマック裏あたりからこんばんは。

ご夫婦らしき第一釣り人…ん?人がいない

 

「すみません、釣れてますか~?」

「。。。。。。だめだー!ここは。厩行ってみてもいいかもね!」

 

ありがとうございます。失礼しましたm(_ _)m

とても丁寧に話してくださいました。

 

という事で、厩へレッツゴー(すでに怪しい空気)

 

えええええええええええ

人っ子一人….いた!第二釣り人発見

「こんばんはー!。。。。つれて。。。ますか?」(おそるおそる)

「(にや)小さいシマゾイが一匹、今昆布に引っかかってますw」

気持ちのいい青年でした。静かに釣っているところすみません。

 

失礼しました(´;ω;`)

 

んー、どうしようかな。困った。

こりゃダメだな。

 

でも、もう少し沖(積丹半島的に見て)寄りなら入り込んでいる港があるかも。

と、車を半島しばし走らせ、某港へ突入。誰もいない中でライトを照らすと

 

 

いるいるいる!めっちゃいる!www

興奮冷めやらず大急ぎで撒き餌を放り込みつつ竿準備

 

いや、なにこれすごい

むしろ怖いんですが(笑)

 

残念ながら思った大きさではなく、5号では少し大きかったようです。

でも大満足。

雨も降ってきたし、雷も聞こえたので2時間程度で撤収

サバ混じりで約50匹でした♪

 

規格外のサバがかかったのは嬉しかったですヾ(*´∀`*)ノ

楽しかった。近日また行こうっと!


ワンクリック~記事がお役に立てましたら、クリックにご協力お願いしますm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

日和山灯台下の道順メモ~2017.5.20 真カレイ


※ブログ公開を忘れてましたw 時期過ぎましたが書きますw

春になり、真カレイの季節となるとどうも落ち着きません。

どこか行くところないかな~?

と、悶々としていると師匠から「それなら灯台下行かないかい?」とお誘いが。

弟子らしきmami様にも声をかけ、深夜にずるずると引き連れ現場へ。

時間が3時間ほどあるので仮眠を始めたら

mami様「眠い…起きたら後で行く…」

とお休みの様子。

ならば先に行ってるわ~!と、仮眠をまったく取れないまま釣り場へ。

 

そういえば磯に行くのは大森海岸以来、背負子を担いでテクテクと歩き出します。

ここに来るのは初めてだったので、ルートをご紹介しながら。

詳しくはクリックで拡大図をば。

車は◇点に止め、入り口はこんな感じでした。

草が多かったのですが、それでもわかりやすかったです。

入り口から少し歩いた水族館側の風景

道はとても細いです。

後から歩いている様子を見ていたmami様に言わせると、

「カモシカが崖を歩いているみたいだった」

だそうです。

足元に気を付けながら進むと、

一番足元が危うい場所です。

下から見上げると

こんな感じです。

途中の道の風景は

こういう感じで、思ったより歩きやすい…かな?

途中、少し乗り越える場所もありますが困難な場所はありませんでした。

休憩しながら進むと、今日の釣り座が見えてきます。

一枚目の写真にあった、★の位置です。

いよいよ釣り開始です!時刻は4時少し前。

投げると同時にアタリが。

すぐに真カレイを1枚あげ、師匠も次々と上げていきます。

ところが投げる技量が足りず、カレイの居つきまで届かないようで、釣れるのがアブやガヤのダブル、ソイなど根魚ばかり。

途中教えていただきながらなんとかカレイを数枚追加して終了。

から揚げで美味しくいただきました♪

 

体力的には丁度良い釣り場で、札幌からも近くて良い場所だな~って感想です。

小樽ではいつも釣果良くなかったので(;´・ω・)

 

それと、少し発見をしたのですが投げ釣りが楽しいです。

ロックだと手元~見える範囲だったのが、投げ釣りになった途端に範囲が広がりました(いや、これは当たり前なんですが)正直、今まで距離が出なかったので向いていないと思っていましたが、飛ばせるようになると一気に面白く。

退屈な眺めている釣りだと思っていましたが、これも違い忙しい事このうえない(笑)

少しの間、投げ釣りも色々と試してみようと思いました。

という事で、この釣り場に行ってから現在までもう6回ぐらい投げ釣りに行っています。延々とブリやヒラメ狙いで振り回すのも良さそうですが、こっちも楽しいですね~!

 

釣りってほんと楽しい。

 

 

あ、mami様は結局釣りが終わる直前まで寝ていましたとさw

 


ワンクリック~記事がお役に立てましたら、クリックにご協力お願いしますm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

2017.6.10 日本海でカレイ Part2 & 3


こんにちは。

最近は、同じ場所で投げ釣りを繰り返す日々です♪

今日も同じ場所で釣ってきました!

 

釣果はこちら!↓↓↓

4時間ほどで撤収です(仕事があるので)

肉厚なので、今回は刺身にしようかな~。

 

ずっとロックフィッシュで苫小牧チャレンジしていましたが、アブも飽きてきたのと釣果が落ち込んできたので、気分転換に投げ釣りに。

気が付いたんですが、いや当たり前なんですが。

届かない場所に届く楽しさ

というのに気が付きました。

 

そして、巻き上げる時の

 

 

・・・お?なんか重いぞ

 

・・・・ついてる!ついてる!

 

っていう感覚も楽しいもんですね。

そんな訳で、しばらくは投げ釣りを楽しもうかな~!

 

今年はイカはちょっと大人しめです。

勇払のマメイカも気になるから一度は行きたいけど、あんま時間ないや(;´・ω・)

 

 

慣れてきたら磯で投げ釣りをしたいですね!

(この間灯台下行ってきましたがw)

 

※Part2はボですw


ワンクリック~記事がお役に立てましたら、クリックにご協力お願いしますm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

2015.04.26 小樽の厩でカレイと謎のあれ


こんにちは。
昨日、日和灯台下に行こうか迷っていたら、Sさんもツイートでお出かけするとの事。

いつもTwitterでは話をするものの、お会いした事がなかったのでぜひ一緒にお願いします。と声をかけて合流させていただく事に。

Sさんと場所をどこにしようか相談した結果、私がテーラーの用意もしていたので、それでは厩~北防波堤にしましょう!と決定。

現地到着4時30分、天候は良く、風はあったものの気温もやや高め。
うん、釣りにはあずましい^^

 

IMG_4811

いー天気だ。

飽きない程度に竿先が微妙に動きます。

IMG_4812

いいねー、のどかで
Sさんは着々とガヤ祭りです

1匹追加

IMG_4809

小樽は景色いいよねー

IMG_4813

一匹追加

IMG_4810

ロックフィッシャーも多いっすなー

一匹追加

IMG_4814

あかん、眠い。。。

ここ3日間の合計睡眠時間が12時間ってのもありまして・・・。

 

と、写真で遊んでいたら竿先が、

 

ぐぐぐぐぐぐ!!!

 

瞬間、竿尻がふっとび三脚はテトラ方向に吹っ飛び

「なんじゃこりゃ!?!?!?」

 

と慌てて竿に飛びつき、巻きあげると恐ろしい重み。

「これやばいっすわー、Sさん助けてぇぇぇ」

近づいてくると、物体の正体が。。。。

 

 

 

たこ 笑

 

 

針のかかりが悪く、Sさん取りに言ってくれたのですが岸際で去っていきました^^

噂には聞いていましたが、本当にいるんですね~!

 

結果:真ガレイから揚げサイズで3枚

IMG_4832

という事で、唐揚げでおいしくいただきました!旨い!

ご馳走様でした。

 

 

そういえば真ガレイ釣ったの初めてでした。

投げ釣り全然してなかったもんなぁ~

 

釣り楽しいですね、ストレス解消になります。
これからシーズン、楽しみですね。

 


ワンクリック~記事がお役に立てましたら、クリックにご協力お願いしますm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

小樽のシャコ釣りNGについて


先日、どこのブログだか忘れましたが、シャコはNGみたいな話題があり
自分も釣って食べちゃったんで(笑)

でも、実際の理由はなんだろう?
小樽は海がアレで、それをナニしてるシャコはNGとか、怖い想像もしてみたり

ツイートすると

「それ、漁業権じゃないですかね」

と、教えていただいたので、小樽市漁協・指導部の方へ確認を取ってみました。
出た方も

「あー、それよく言われますね」

と、即答
色々と濁す表現もありましたが、とりまとめると

・前提条件として、基本ダメだと考えたほうがよい
・たしかにシャコは釣って良い場所と悪い場所が存在する
・大丈夫な場所でも、指定された道具のみで釣る事
・声高に「たくさん採れてるぞ」と言われても、それは困る(わかるよな?的な)

「つまり、トラブルの可能性もあるシャコ釣りは、最初から避けたほうが良いって事ですよね?」

と、良識と常識で考えろ的な、日本人特有の終わり方になりました(^_^;)
色々と答えにくい話もあったのに、組合の方お忙しい中ありがとうございました。

小樽でシャコを狙うのを自分はやめる事にしときます。
ブログに書いちゃったし、気になってたけど一安心っと

漁業権、、、

Wikipediaで読んでいると、民法では物権になるらしく手を出せば当然刑罰
排他的な権利を漁協に与えるのは都道府県知事から出るらしく、管理は道庁のようで。

港は誰のもの的な話題はさておき、古代からこういう定めはあるようで

701年の大宝律令
勅令「山川藪沢之利(さんせんそうたくのり)、公私之(こうしこれ)を共(とも)にす。」

山川藪沢之利は手がつけられていない自然の状態で、当時は海人・海部という人たちが存在し、採集し交易をしていたらしいです。
なんだ、昔から似たようなやり取りがあったのかもしれないな。と想像してニヤリ

 


ワンクリック~記事がお役に立てましたら、クリックにご協力お願いしますm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

ホーム > 釣り > 小樽

人気のある記事
カレンダー
« 2018 年 12月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ブログ村
カテゴリー
タグクラウド

Return to page top